\ ポイント最大3%アップ! /

【Redmi Watch 3 Active】Google Pixel で初期設定(ペアリング)する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、Redmi Watch 3 Active を Google Pixel で初期設定(ペアリング)する方法を説明します。

iPhone ユーザーの方は以下の記事を参考にしてください。

>> iPhone で初期設定(ペアリング)する方法

目次

必要なもの

  • Redmi Watch 3 Active 本体
  • Mi Fitnessアプリ
  • Xiaomi のアカウント

初期設定には、これら3つが必要になります。

「Redmi Watch 3 Active 本体」は問題ないと思うので、そのほかの2つについて簡単に説明します。

Mi Fitness アプリは、「初期設定(ペアリング)」や「設定変更」のために使用します。初期設定を行うには、Mi Fitness アプリが必須ですので、Google Play ストア からインストールしてください。

Xiaomi アカウントは、Mi Fitness アプリを利用する際に必要になります。Xiaomi アカウント は、初期設定時(ペアリング時)に作成することも可能ですが、事前に作成することをオススメします。以下の記事を参考に「Xiaomiアカウント」を作成してから読み進めてください。

>> Xiaomi アカウントの作成方法(メールアドレスで作成/電話番号で作成)

初期設定(ペアリング)

前提条件

  • 「Mi Fitness アプリ」をインストール済み
  • 「Xiaomiアカウント」を作成済み
  • Google Pixel の Bluetooth が有効になっている

という前提で進めていきます。

説明で使用している画像は、Google Pixel 7(Android 13)の画面です。

本体のアップデートについて

購入後、はじめて初期化をすると、本体のアップデートを促す通知が表示されると思います。その場合は、表示される内容に従ってアップデートしてください。

まず、本体の電源を入れます。
サイドボタン長押しでも電源をONにできますが、バッテリー残量がどれくらいあるか分からないので、同梱されているケーブルを接続してある程度充電してください。

ある程度充電できたら Mi Fitness アプリを起動して、下の画像のような状態から進めてください。「日本語」という表示がありますが、タッチする必要はありません。日本語を選択するとアプリのQRコードが表示されるだけです。このまま進めてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20230904-2028510000-800x537.png

それでは、初期設定(ペアリング)を行なっていきます。

  1. [開始]をタップ
  2. [同意してください]にチェックを入れる
  3. [同意]をタップ
  4. 地域を設定
  5. [次へ]をタップ
  1. 画面右上の[+]をタップ
  2. [デバイスを追加]をタップ
  3. [サインイン]をタップ

ログイン画面が表示されるので、必要な情報を入力してサインインしてください。サインインが完了したら次の手順に進んでください。

  1. 「同期をオンにしますか?」と尋ねられるので[OK]をタップ
  2. [+]をタップ
  3. [デバイスを追加]をタップ
  4. [同意]をタップ

同期をオンにすると、健康データ、ワークアウトデータがスマホだけでなく、ネット(サーバー)上にも保存されます。

  1. [同意]をタップ
  2. [許可]をタップ
  3. [Redmi Watch 3 Active]をタップ

「本体」と「スマホ」の両画面に同じ数字が表示されていることを確認してください。確認できたら、本体側の[チェック]ボタンと、スマホ側の[ペア設定する]をタップします。

本体に「ペアに設定されました」と表示されれば、ペアリング自体は完了です。

ここからは、Redmi Watch 3 Active で「通知」や「電話の着信」を受けるための設定をしていきます。

  1. 通知の送信を許可します
  2. [完了]をタップ
  3. [続ける]をタップ

本体の操作方法に関する説明が表示されるので、内容を確認しながら進んでください。「すべての通知を同期する」を選択して[設定]をタップします。

「すべての通知を同期する」を選択することで、スマホに届くすべての通知をウォッチ側で確認可能になります。この設定は、後で変更することができるので、とりあえず、上の設定で進めてみて下さい。

  1. [設定]をタップします
  2. 下にスクロールして[Mi Fitness]をタップ
  3. [通知へのアクセスを許可]を有効にします
  4. [許可]をタップ
  1. 戻るボタンをタップ
  2. 戻るボタンをタップ
  3. [連絡先へのアクセスを許可]にチェックを入れる
  4. [設定]をタップ
  5. [許可]をタップ
  1. [許可]をタップ
  2. [許可]をタップ
  3. [DNDを同期する]にチェックを入れる
  4. [設定]をタップ

DNDというのが分かりづらいと思います。とりあえず、DND = マナーモード だと思って下さい。

そして「DNDの同期」というのは、Watch側、もしくはスマホ側のいずれかでマナーモードにすると、もう片方も同じくマナーモードにするか?という設定です。
(マナーモードを解除すると、もう一方も解除されます)

Watch側とスマホ側で別々の設定になっていると分かりづらいので、チェックを入れて同じ状態になるように設定しておくことをオススメします。

画面上に注意書きが表示されるので、これに対処します。
これが表示されたままだと、Watchに通知が届かなかったり、遅れて通知が届いたりするので、忘れずに対応してください♪

  1. 画面下から上にスワイプ
  2. アプリのアイコンを長押し
  3. アプリ情報をタップ
  1. 下にスクロールして[アプリのバッテリー使用量]をタップ
  2. [制限なし]に変更
  3. 戻るボタンをタップ
  4. 戻るボタンをタップ
  5. さきほど表示されていた注意書きが消えていればOKです!

これで最低限の設定は完了です。

ここまで出来たら動作チェック♪

一応、ここまでの手順で「通知」と「Bluetooth通話」の機能が使えるようになっています。これらが利用できるか確認してみてください。

他のスマホから通知を送ってみたり、他のスマホから電話をかけて動作チェックをしてください♪

バンドをかえて気分転換しませんか?

交換バンドを検索

Amazonで検索 楽天市場で検索 Yahooショッピングで検索

保護フィルムも調べてみる

Amazonで検索 楽天市場で検索 Yahooショッピングで検索

その他の設定

その他の設定についても記事にしております。ぜひ参考にしていただければと思います。

>> Redmi Watch 3 Active 関連記事

X(Twitter)でも情報発信しています!ブログの更新情報(商品レビュー/商品の使い方など)が届きますので、チェックしていただければと思います♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最近、コスパの良いスマートバンドにハマっている、ガジェット好きブロガーです。Twitterでも情報発信しています。ブログの更新情報が届きますので、ぜひフォローお願いします。

コメント

コメントする

目次