\ 最大8%ポイントアップ! /

【Google Fit連携】Health Sync に Googleアカウント情報を公開したくないので、 ヘルスコネクトアプリを利用してみた!

当ページのリンクには広告が含まれています。

ヘルスシンクとGoogleフィットを直接連携しようとすると、Googleアカウントに関連する情報へアクセスを許可することになります。

できることなら、メールアドレスなどは公開したくないので、Googleが提供しているヘルスコネクトアプリを利用してみました。

ヘルスコネクトを利用すると、データの流れが次のように変わります。

Health Sync → Google Fit(これまで)

Health Sync → ヘルスコネクト → Google Fit(変更後)

「ヘルスコネクト」が間に入るので、Health Sync を 直接Google アカウントと接続する必要が無くなります。つまり、先ほどの画像に書かれているようなアクセス権を Health Sync に与えなくて済むと言うことです。

ちなみに、「Health Sync」と「ヘルスコネクト」を接続するのに必要なアクセス権は、健康データ・ワークアウトデータの書き込み権限のみです。

今後、アプリ間での健康データをやりは「ヘルスコネクト」が必須(重要)になると思われます!

ちなみに、変更後も問題なく、今までと同じようにGoogle Fit にデータが保存できています。

Google Fit 連携の設定を「Health Sync → Google Fit」から、「Health Sync → ヘルスコネクト → Google Fit」へ変更する方法は、また別の記事で紹介したいと思います。

バッテリーの消費量は?

3つもアプリを利用すると、バッテリーの消費量が気になると思います。

今のところは、「ヘルスコネクト」を追加したことが原因で、バッテリーが大幅消費したことはありません(体感ですが)

ヘルスコネクトのアプリを起動すると、データを書き込んだ時刻/データを読み込んだ時刻が、それぞれ確認できます。下の画像のような感じです。

データの読み書きのタイミングは、活動量により変化すると思います。ただ、秒単位で処理しているわけではないので、バッテリーが大きく消費することはなさそうです。
(バッテリーの消費量を数値で計測できたら、また追記する予定です)

X(Twitter)でも情報発信しています!ブログの更新情報(商品レビュー/商品の使い方など)が届きますので、チェックしていただければと思います。
SNSなどで記事をシェアしていただけると嬉しいです!よろしくお願いします♪^ ^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最近、コスパの良いスマートバンドにハマっている、ガジェット好きブロガーです。Twitterでも情報発信しています。ブログの更新情報が届きますので、ぜひフォローお願いします。

コメント

コメント一覧 (2件)

    • アプリを2つから3つに増やしましたが、アプリを追加したからといって、バッテリーが大きく減るような感じはありません。あくまで、体感ですが…。
      (ちなみに、わたしは Pixel 7 を利用しております)

      ヘルスコネクトアプリに対する「書き込み」や「読み込み」の頻度が高くないので、バッテリーの消費量が少ないと思われます。

      データの読み書きの頻度については、画像を追加いたしましたので、よければ参考にしてください。

コメントする

目次