あめつくのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe Premiere Pro CCで動画を切り抜く方法

広告

今回は、Adobe Premiere Pro CCで動画を切り抜く方法をメモしておきます。
(すぐ忘れちゃうんです…。笑)

広告

Adobe Premiere Pro CCで動画を切り抜く方法

タイムラインに動画を配置済みの状態から見ていきます。

Premiere Pro CCで動画を切り抜くには、「クロップ」というエフェクトを利用する必要がありますので、このエフェクトをクリップにドラッグ&ドロップします。なお、クロップは、エフェクトパネルを表示して、[ビデオエフェクト]→[トランスフォーム]の順にクリックすると表示されます。

もし、エフェクトパネルが表示されていない場合は、メニューの[ウィンドウ]→[エフェクト]の順にクリックします。これで、エフェクトパネルが表示されます。

続けて、エフェクトコントロールパネルを表示し、追加した「クロップ」をクリックして選択します。

エフェクトコントロールパネルが表示されない場合は、メニューの[ウィンドウ]→[エフェクトコントロール]の順にクリックすると表示されます。

すると、切り抜きモードに切り替わるので、プログラムモニター上でドラッグして動画を切り抜きます。なお、切り抜きモード中は、選択しているクリップの動画が青枠で表示されます。

切り抜きが完了したら、クリップの選択を解除します。

クリップの選択を解除すると、切り抜きモードも解除され青い枠線が消えます。

これで、動画の切り抜きは完了です。

以上、Adobe Premiere Pro CCで動画を切り抜く方法のメモでした!

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー