\ ポイント最大3%アップ! /

専用アプリでワンタップするだけ!iPhoneの写真アプリのデータを高速バックアップできる「JDTDC の iPhone 向け 外付けUSBメモリ(MFi認証)」をレビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

JDTDC の iPhone向けの外付けUSBメモリを購入したのでレビューしたいと思います。

まず、「良いところ」「残念なところ」についてお伝えします。

良いところ
残念なところ
  • バックアップは専用アプリでタップするだけ!
  • 約5GBのデータを4分でバックアップ
  • USB 3.0/USB-C/Lightning に対応しているので、データの移動が楽ちん!
  • コスパが良い!
  • MFi認証
  • 現時点では、コレと言って不満や残念なところはありません

結論を言うと、今のところ不満はひとつもありません。

あとで紹介しますが、専用のアプリを利用すると、ワンタップで「写真アプリに保存してあるデータ(写真・動画・スクリーンショット)」がバックアップできます。これがホントに楽ちん。

溜まりに溜まった5GBのデータは、4分でバックアップできました。スピードも充分だと思います。

本体には、Lightning端子のほかにも、USB 3.0/USB-C も付いているので、バックアップしたデータの移動時にとても役立ちます。

MFi 認証とは?

MFiは、Made For iPhone/iPad/iPod を意味しています。

「Made For iPhone」のようなロゴマークが付いている商品は、アップル社が互換性のある商品として認めた証となるものです。なので、MFi認証があるのと、ないのでは安心感が違います。

ちなみに、今回購入した商品は中国メーカー製のようです。わたしは、全く気にしませんが、中には「できれば、日本メーカーの商品を使いたい」という方もいるかもしれません。

そのような場合は、エレコムの商品をチェックしてみてください。ただし、同じ 128GB でも、価格が2倍近くします…。

それでは、詳しく見ていきます!

目次

内容物のチェック

内容物
  • 本体
  • 取扱説明書

iPhone内の写真/動画をバックアップする方法

それでは、iPhone内の写真や動画をバックアップする方法について説明します。

以下の手順でバックアップを行うと、写真アプリ内のデータが丸ごとバックアップできます。

まず、アプリをインストール!

iPhone内の写真や画像をバックアップするには、専用のアプリを利用します。

App Store から「JD Memory」というアプリをインストールしてください。

取り扱い説明書の裏にQRコードが印刷されているので、それを読み込むと簡単にインストールできます。

バックアップ手順

STEP
アプリを起動

アプリ起動時にアクセス権が求められた場合は、自身の利用に合った設定をしてください。ちなみに、わたしは以下のように設定しています。

[ローカルネットワーク上の検索…] → 許可しないを選択
[通知を送信します]→ 許可を選択

STEP
iPhoneにUSBメモリを差し込む

STEP
[バックアップ]をタップ

STEP
[すべての写真へのアクセスを許可]をタップ

STEP
[すべてバックアップ]をタップ

STEP
バックアップがはじまる

STEP
バックアップ完了

バックアップが完了したら、[OK]をタップ。

ちなみに、約4分で4.7GBのデータをバックアップできました。

2回目移行のバックアップは上書き?複製?

バックアップの手順は分かったと思うのですが、このような疑問もあると思います。

疑問に思うこと
  • 2回目移行のバックアップでは、重複したデータはどうなる?
  • 重複した場合は上書きされる?
  • 重複すると同じデータがもうひとつ複製される?

これらの疑問の回答はこちら。

2回目移行のバックアップでは、差分データ(新しい写真/動画)のみがバックアップ対象になります。そのため、一度バックアップしたファイルは上書きされることはありません。また、むだに複製が作られることもありません。

なお、2回目のバックアップ手順は、最初と同じです。
アプリを起動 → メモリを差し込む → バックアップのボタンを押す。これだけです。

バックアップされたファイルのフォルダ構造は?

バックアップされた写真や画像は、それぞれフォルダにまとめられます。「年別」や「月別」のフォルダ分けはないので、あとで目的のファイルを探すのが少し大変かもしれません。

「年別」や「月別」のフォルダ分けはありませんが、日付で並び替えることは可能です。これを利用すれば、目的のファイルを探すものも、そこまで苦労しないと思います。

バックアップしたデータは、PC や Macで扱える?

バックアップしたデータをPCやMacで扱えるか確認してみました。

結果は、PC、Mac、どちらも問題なく見れました。
(PCはWindows10、Macは macOS Venturaで確認しました)

こちらの商品は、USB3.0/USB-C/Lightning と3つの端子が利用できるので、データの移動は楽ちんです!

まとめ

良いところ
残念なところ
  • バックアップは専用アプリでタップするだけ!
  • 約5GBのデータを4分でバックアップ
  • USB 3.0/USB-C/Lightning に対応しているので、データの移動が楽ちん!
  • コスパが良い!
  • MFi認証
  • 現時点では、コレと言って不満や残念なところはありません

冒頭でも言いましたが、正直、今のところ何一つ不満はありません。

アプリのボタンをポチッとするだけで、バックアップができますし、スピードも充分。3つの端子が利用できるので、データの移動も楽ちんです。もう、言うことなしです。

JDTDCのUSBメモリはコスパも良いですし、ありだと思います!

最後に、今回紹介した商品を載せておきます。コスパ重視の方は、要チェックです!

X(Twitter)でも情報発信しています!ブログの更新情報(商品レビュー/商品の使い方など)が届きますので、チェックしていただければと思います♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最近、コスパの良いスマートバンドにハマっている、ガジェット好きブロガーです。Twitterでも情報発信しています。ブログの更新情報が届きますので、ぜひフォローお願いします。

コメント

コメントする

目次