CMF Watch Pro で「デバイスは別のユーザーによって登録されています」と表示される原因と解決方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

CMF Watch Pro で「デバイスは別のユーザーによって登録されています」と表示される原因と解決方法をお伝えします。

状況

ペアリング時、次のような注意が表示される。

原因

このような注意書きが表示されるのは「初期化方法」が原因のようです。

CMF Watch Pro を完全に初期化するには、専用のアプリ(CMF Watchアプリ)で操作する必要があります。アプリから初期化せず、本体のみで初期化すると上のような注意が表示されます。

解決方法

専用のアプリ(CMF Watchアプリ)で初期化をおこなえば、この問題は解決できます。CMF Watchアプリを起動して、次の手順で操作します。

なお以下は初期化を行なったアカウントで操作する必要があります。Watch Pro を初期化したアカウント以外で操作しても意味がありません。

  1. 画面下の【時計アイコン】をタップ
  2. 下にスクロールして【デバイスのバインド解除】をタップ
  3. 【はい】をタップ
  4. 「バインド解除しました」と表示されれば完了です

これで注意画面が消え、正常にペアリングができるようになるはずです。

関連記事

X(Twitter)でも情報発信しています!ブログの更新情報が届きますので、チェックしていただければと思います♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最近、コスパの良いスマートバンドにハマっている、ガジェット好きブロガーです。Twitterでも情報発信しています。ブログの更新情報が届きますので、ぜひフォローお願いします。

コメント

コメントする

目次