あめつくのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

smartLav+をEOS Mの外部マイクにしてみた!

広告

どうも、あめつくです!

以前、smartLav+をiPhone6の外部マイクとして利用した記事を書きました。
iPhoneの外付けマイク用にRODEの「smartLav+」を購入したので音声テスト!

今回は、iPhone6ではなく、CanonのEOS Mの外部マイクとして利用してみたいと思います。

広告

前提条件

smartLav+をEOS Mの外部マイクとして利用するには、「SC3」という変換ケーブルが必要になります。

この「SC3」というケーブルを使うと、「TRRS」を「TRS」に変換することができます。これで、スマホ向けマイクのsmartLav+をカメラのマイク入力に接続して利用することができます。

smartLav+を直接EOS Mに接続しても録音することはできませんのでご注意ください。

EOS MにsmartLav+を接続してみた!

まず、「smartLav+」と「SC3」を接続します。(右:SC3、左:smartLav+)

続けて、「SC3」を「EOS M」のマイク入力端子に接続します。

これで、準備完了です。smartLav+を外部マイクとして利用することが出来るようになります。

実際に撮ってみた!

smartLav+をEOS Mの外部マイクとして撮ってみたのがこちら。

はい。このように変換ケーブルを利用すると「smartLav+」をEOS Mの外部マイクとして利用できます!

僕は、「smartLav+」も「SC3」もサウンドハウスで購入しました!

RODE ( ロード ) >SMARTLAV+ | サウンドハウス

SC3の商品ページがなくなってました。在庫が切れているだけかもしれませんので、サウンドハウスで確認してみてください。

サウンドハウス – PA音響機器、DJ・DTM、照明機器、ステージ、カラオケ機材の全国通販

はい。ということで、「smartLav+をEOS Mの外部マイクにしてみた!」という記事でした!

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー