あめつくのブログ

【Amebaアプリ】アメブロの記事内で囲み枠を使う方法(Android編)

広告

ここでは、アメブロの記事内で囲み枠を使う方法をご紹介します。

なお、今回は、Android(Amebaアプリ)でのやり方を説明します。

広告

手順

囲み枠を使う手順は、大きく分けると4ステップ。

  1. 記事の本文をすべて入力する
  2. 枠で囲む範囲に目印を付ける
  3. 文字を装飾する
  4. 囲み枠のタグをコピーして貼り付ける

【手順1】記事の本文をすべて入力する

画像・絵文字・リンクの3つの機能を利用して、記事本文の内容を完成させます。この段階では、文字装飾の機能は利用しないようにします。

記事の内容をすべて入力したら、次の手順に進みます。

【手順2】枠で囲む範囲に目印を付ける

続けて、どの範囲を囲み枠にするのかを決めます。

囲み枠の開始位置に、”【ここから枠】”といった目印をつけます。
(目印の内容はなんでもOKです。枠の開始位置が分ればなんでも構いません。)

囲み枠の終了位置にも、同じように目印をつけます。ここでは、”【ここまで枠】”という目印をつけました。

これで、囲み枠の開始位置と終了位置に目印ができます。

今回は囲み枠は一つしか作成しませんが、囲み枠を複数作りたい場合は、必要なだけ目印をつけておきます。

【手順3】文字を装飾する

目印をつけたら、文字を太字にしたり、文字色を変えるなどの文字装飾を行います。赤枠の部分の機能を使います。文字を装飾する必要がなければ、手順4に進みます。

文字の装飾ができたら、あとは、囲み枠を追加するだけです。
(ここでは、文字色を変更して太字にしました。)

【手順4】囲み枠のタグをコピーして貼り付ける

それでは、囲み枠を作成していきます。

囲み枠を作成するには、タグ編集モードで作業する必要があります。[完了]→[タグ編集]の順にタップして、

タグ編集モードに切り替えます。

これで囲み枠を作成する準備は完了です。

それでは、以下の記事から利用したい囲み枠を探します。
囲み枠(シンプル – 四角)
囲み枠(シンプル – 角丸)

利用したい囲み枠が見つかったら、枠の中のタグをコピーします。コピーする時は、「内容」の直前までを選択してコピーします。これが、囲み枠の開始位置になるタグです。
(もう一度コピーするので、このページは開いておいてください。)

それでは、手順2で付けておいた「開始位置の目印」にコピーした内容を貼り付けます。下の画像のように、目印を選択して貼り付けます。

続けて、終了位置に貼り付けるタグをコピーします。先ほどは「内容」と書いてある部分の前方をコピーしましたが、今度は、「内容」と書いてある部分の後方をコピーします。

それでは、手順2で付けておいた「終了位置の目印」にコピーした内容を貼り付けます。下の画像のように、目印を選択して貼り付けます。

これで、囲み枠の作成は完了です。

[完了]→[プレビュー]の順にタップして確認します。

このように、囲み枠が表示されるはずです。

これで囲み枠の作成は完了ですが、一つ注意点があります。Android版のAmebaアプリは、囲み枠を作成した後に通常モードで編集すると枠がなくなってしまいます。

ですので、囲み枠を作成した後に編集したい場合は、[タグ編集]をタップして、タグ編集モードで編集する必要があります。iPhone版のAmebaアプリなら問題なく編集できるんですけどねぇ。。。

ということで、「アメブロの記事内で囲み枠を使う方法(Android編)」でした!

広告

カテゴリー