あめつくのブログ

Adobe Photoshop CC(2015)の画面構成

広告

少しずつ、Adobe Photoshop CCの使い方を勉強していこうと思います。

今回は、Adobe Photoshop CC(2015)の画面構成を確認しておきます。

広告

Adobe Photoshop CCの画面構成

Adobe Photoshop CCを起動すると、このような画面が表示されます。

重要だと思う部分を3つ書いておきます。

  • ツールパネル
  • オプションバー
  • パネル

まず、画面左側の「ツールパネル」

ここは、Photoshopで利用できる道具がまとめられている部分。Photoshopで何かしたいときは、ここで道具を選んで作業をするということみたです。作業の起点となる部分ですね。

次は、画面上の「オプションバー」

ここには、現在使用しているツールで操作できる項目が表示されるようです。

最後は、画面右側の「パネル」

ここには、コントロールパネルからでは操作できない項目や、情報を表示できるようです。

要するに、「ツールパネル」で道具を選択して作業を行い。「オプションバー」で細かな調整をする。っていうことですかね?

必要に応じて、パネルで細かな調整を行ったり、情報を確認したりする感じでしょうか。

分かったような、分からないような…。あとは、使いながら頭の中を整理したいと思います。

広告

カテゴリー