あめつくのブログ

Illustratorで四角形を描く!

広告

今回は、Illustratorで四角形を描く方法をメモしておきます!

広告

四角形を描く

Illustratorで図形を描くには、ツールパネルで利用したい図形を選択します。1の赤枠の部分で長押しすると、2のツールの一覧が表示されますので、ここから利用したい図形を選択します。今回は、四角形を描くので「長方形ツール」を選択します。

ツールを選択したら、ドラッグして長方形を書きます。
(Shiftキーを押しながらドラッグすると正方形になります。)

すると、このように長方形を書くことができます。

塗りの色を変える

それでは、今描いた長方形の塗りの色を変えてみます。

塗りの色を変えるには、画面上のコントロールパネルの塗りの色の部分をクリックし、色を選択します。すると、長方形の塗りの色が選択した色に変わります。

線の色を変える

同じように、長方形の枠線の色を変えてみます。

線の色を変えるには、コントロールパネルの線の色の部分をクリックし、色を選択します。すると、長方形の線の色が選択した色に変わります。

線の幅を変える

それでは、ついでに、線の幅(太さ)も変えてみます。

線の幅を変えるには、コントロールパネルの線の部分をクリックします。すると、太さを選択できるようになりますので適当に選択します。すると、選択した幅に変わります。
(線の太さは、直接入力することもできるようです)

サイズの変更

最後に、サイズを変更する方法を見ておきます。

コントロールパネルの「変形」をクリックすると、

このような画面が表示されますので、「W」の部分に画像の幅を、「H」の部分に画像の高さを入力します。これで、画像のサイズを変更できます。

上の画像の「X」と「Y」で位置を変更することもできます。選択ツールで移動するよりも細かく調整できるので便利ですね。

はい。ということで、Illustratorで長方形を書く方法のメモでした!

広告

カテゴリー