あめつくのブログ

Macに保存したiPhoneのバックアップを削除する方法

Macに保存したバックアップデータは削除しない限りMacに保存されています。バックアップを作成するたびにMacの容量が減っていってしまうので、必要のないバックアップデータは削除しておきたいところ。

そこで今回は、作成したバックアップデータを削除する方法をメモしておきます。なお、以下の手順ではiPhoneのバックアップデータを削除していますが、iPadも同様の手順でバックアップを削除できます。

広告

iPhoneのバックアップを削除する手順

まず、iTunesを起動します。

iTunesを起動したらメニューで[iTunes]→[環境設定]とクリックします。

環境設定の画面が表示されたら[デバイス]タブをクリックして、削除したいデータを選びます。あとは、[削除]ボタンをクリックするだけです。これでバックアップデータが削除できます。

おまけ、これ便利かも!

ちなみに、バックアップデータを右クリックして[Finderで表示]をクリックすればデータが保存されているフォルダーを表示できます。外付けのハードディスクにコピーしたい時に便利。

さらに、バックアップデータの上にカーソルを重ねると…。下の画像のように、バックアップデータの詳細(機種名など)を確認できます。Macに複数のiPhoneのバックアップデータがある時に便利ですね。

以上、Macに保存したiPhoneのバックアップを削除する方法でした!

【参考にしたページ】

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

広告

カテゴリー

広告