あめつくのブログ

Apple Watchをつける腕を右と左で切り替える方法

Apple Watchは、設定アプリを利用すことで右手・左手どちらでも利用することができるようになります。購入直後は右手で使用する設定になっていますので、必要であれば左に切り替えます。

では、変更方法を見ていきます。

左右の切り替え方法

設定アプリを起動し[一般]をタップします。

[向き]をタップします。すると「手首」という項目が表示されますので、ココでどちらの腕につけるのかを指定します。

なお、下にスクロールすると「DIGITAL CROWN」の項目が表示され、取り付ける腕とは別にデジタルクラウンの位置指定も可能です。

このように、細かな調整もできるので左利きの方も安心して利用できるのではないでしょうか!

以上、Apple Watchをつける腕を左右切り替える方法でした。

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

広告

カテゴリー

広告