あめつくのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Watch(watchOS)をアップデートする方法

広告

今回は、「Apple Watch(watchOS)をアップデートする方法」をメモしておきます。

アップデートする前に

Apple Watch(watchOS)をアップデートするには、以下の準備が必要なようです。

  • iPhone(iOS)を最新の状態にする
  • iPhone を Wi-Fiに接続する
  • iPhone と Apple Watch は通信できる距離においておく。
  • Apple Watchを充電状態にし、かつ50%以上の充電残量にする

アップデート

Apple Watchをアップデートするには以下の手順で行います。なお、Apple Watchのアップデートが完了するまで、Apple Watchは充電したままにしておく必要があるそうです。

アップデート方法は簡単で、全てiPhone側で操作します。

まず、Watchアプリを起動し、[一般]をタップします。

続けて、[ソフトウェアアップデート]→[ダウンロードとインストール]の順にタップします。

パスコードの入力が求められたらパスワードを入力し、利用条件に同意します。すると下の画像のようにアップデートが開始されます。

なお、途中でApple Watchが再起動してApple Watch側でインストールが開始されます。

iPhone側に「アップデート完了」と表示されれば、アップデート完了です。

以上、「Apple Watch(watchOS)をアップデートする方法」のメモでした。

【参考】
Apple Watch のソフトウェアをアップデートする – Apple サポート

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

広告