あめつくのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Watch Series 2の初期設定手順

広告

前回の記事で開封した「Apple Watch Series 2」の初期設定を行なっていきます。

ちなみに、Apple Watchの初期設定時にはiPhoneが必要になりますのでご注意ください。

広告

Apple Watch Series 2の初期設定手順

それでは、Apple Watchの電源を入れた直後から手順を見ていきます。

まず、使用する言語(日本語)を選択します。

確認画面が表示されたら、チェックマークをタップします。

続けて、地域(日本)を選択します。

すると、言語の設定画面が表示されますので、設定が完了するまで待ちます。

言語の設定が終わると、iPhoneとペアリングするように言われるのでiPhoneを用意します。

iPhoneとApple Watchをペアリングするには、まず、iPhoneで[Watch]アプリを起動します。

そして、iPhoneとApple Watchの両方の[ペアリングを開始]ボタンをタップします。

すると、iPhone・Apple Watchの両方とも画面が切り替わりますので、

Apple Watchの画面をiPhoneのカメラで写します。

これで、自動的にペアリングが完了します。あとは、iPhone側でApple Watchの初期設定を行なっていきます。

ここからiPhone側で設定を行なっていきますが、各画面の下には詳細な説明が書かれていることもありますので、そちらも参考に設定していくといいと思います。

Apple Watchを装着する腕を選択。後で変更することも可能なようです。

利用規約を読んで同意をタップします。

AppleIDのパスワードを入力します。

位置情報サービスを有効にするかどうかを指定します。

ワークアウト経路追跡を有効にするかどうかを指定します。

Siriを利用するか設定します。

使用状況をAppleに送信するか選択します。

共有される設定を確認して[OK]をタップします。

パスコードを作成します。

パスコードはApple Watch側で入力します。

iPhoneでApple Watchのロックを解除するか選択します。

必要であれば、アクティビティの設定を行います。
(性別・身長・体重・目標消費カロリーなどを設定していきます)


[次へ]をタップして、Apple Payの設定を行います。僕は、後で設定したかったので、「Apple Watch APPであとで設定」を選びました。

緊急SOSの確認します。

ペアリングしたiPhoneにApple Watchに対応したアプリが入っている場合は、[すべてをインストール]をタップすると、自動的に全てインストールしてくれます。
(インストールするアプリ数によると思いますが、僕の場合はここでかなり時間がかかりました。)

アプリのインストールが完了すると、このような画面が表示されますので[OK]をタップします。

これで、初期設定は全て完了です。左上の[マイウォッチ]をタップすると、

ここでApple Watchの細い設定が出来るようです。

【開封&初期設定の動画】
開封から初期設定までを動画にしました。よかったら参考にしてください。

以上、「Apple Watch Series 2の初期設定」でした!

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー