あめつくのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Eyefi Mobi Proの初期設定(iPhone)

広告

Eyefi Mobi Pro(32GB)を購入!という記事の続きです。

前回の記事で、「Eyefi Mobi Pro」を開封しましたので、今回は初期設定を行っていきます。

開封したら何も設定することなく利用できると嬉しいのですが、「Eyefi Mobi Pro」からiPhone・iPadに画像や動画を転送するには初期設定が必要だそうです。そこで今回は、この初期設定の手順をメモしておきます。

広告

Eyefi Mobi Proの初期設定手順(iPhone)

それでは、Eyefi Mobi ProからiPhoneに転送できるようにする手順を簡単に確認しておきます。

  1. デジカメにEyefi Mobi Proカードを入れる
  2. 専用アプリ「Eyefi Mobi」の初期設定をする
  3. デジカメ(Eyefi Mobi Proカード)とiPhoneのWiFiを有効にする

ざっくり書くとこのような流れです。

なお、以下の環境で初期設定を行いました。
【iOSバージョン】8.4.1
【Eyefi Mobiアプリのバージョン】5.4.5

【手順1】デジカメにEyefi Mobi Proカードを入れる

まず、デジカメにEyefi Mobi Proカードを入れておきます。
(初代EOS M・・・。EOS M3が欲しい。笑)

【手順2】専用アプリ「Eyefi Mobi」の初期設定をする

それでは、iPhone側に移りまして、Eyefi Mobiというアプリをインストールします。

Eyefi Mobi
価格:無料(記事公開時点)

アプリのインストールが完了しましたら、アプリを起動し[設定してみましょう]→[Mobiカードを設定]の順にタップします。

すると、このような画面が表示されますので、アクティベーションコードを入力して[インストール]をタップします。

ちなみに、アクティベーションコードは、このカードの裏に書いてあります。

このような画面に切り替わりますので、右上の[インストール]をタップし、パスコードを入力します。

右上の[インストール]をタップし、画面下の「インストール]をタップします。

インストールが完了すると、このような画面が表示されますので、右上の[完了]をタップします。写真へのアクセスを許可するかの確認画面が表示されたら[OK]をタップします。

これで、アプリの初期設定は完了です。

デジカメ(Eyefi Mobi Proカード)とiPhoneのWiFiを有効にする

それでは、デジカメ(Eyefi Mobi Proカード)とiPhoneのWiFiを有効にして、Eyefi Mobi ProカードからiPhoneへ画像を転送できるようにします。

まず、デジカメ(Eyefi Mobi Proカード)のWiFiを有効にします。CanonのEOS Mでは、設定の一番下にEye-Fi設定というのがありますので、ここで決定します。

そして、Eye-Fi通信を「する」にします。

すると、このような画面が表示されていましたので、書いてあるとおり数枚写真を撮り、iPhoneのWiFi設定を変更します。下の画像の、②の「Eye-Fi Card 〜」のアクセスポイントに接続しますので、これをメモしておきます。
(一応デジカメ側でもアクセスポイントは確認出来ました。)

数枚写真を撮りましたら、設定アプリを起動して[WiFi]をタップします。

そうしましたら、②に書かれているアクセスポイントに接続します。

接続が完了すると、画面上にこのような通知が表示されます。そして、Eyefi Mobiのアプリを起動するとデジカメ(Eyefi Mobi Proカード)に保存してある画像がiPhoneに転送され表示されました!!スゲー!!

最初の設定が少し面倒でしたが、デジカメに保存してある画像がこんなに簡単にiPhoneで使えるなら、最初の設定が少し面倒なくらいはたいしたことないと思いました!なんでもっと早く買わなかったんだろう・・・。まぁ、そんな時もあるさぁ(笑)

今回利用した機能は、「Eyefi Mobi」でも利用できるようです。もしかしたら、Eyefi Mobi Proじゃなくても良かったのかも。次購入するときは、「Eyefi Mobi」かな。

はい、ということで、今回はEyefi Mobi Proの初期設定でした〜!

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー