あめつくのブログ

【macOS High Sierra】AirPodsで「曲送り」「曲戻し」する方法

macOS High Sierra では AirPodsで「曲送り」と「曲戻し」の設定が出来るようになったようなので、そのやり方をメモしておきます。

広告

手順

まず、Mac と AirPods を Bluetooth で接続しておきます。

接続できたら画面左上のアップルマークをクリックして[システム環境設定]を開きます。

続けて、[Bluetooth]をクリックします。

すると、接続されている AirPods の横に[オプション]ボタンが表示されますので、これをクリックします。ちなみに、この[オプション]ボタンは Mac と AirPods が接続されている時にだけ表示されます。

これで AirPods の設定画面が表示されますので、「右のダブルタップ」と「左のダブルタップ」のそれぞれに、曲送り(次のトラック)と局戻し(前のトラック)を割り当てます。これで、AirPods から「曲送り」と「局戻し」の操作が出来るようになります。

上の画像のように設定すると、右側のAirPodsをダブルタップすると次の曲が再生され、左側のAirPodsをダブルタップすると前の曲が再生されるようになります。

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

広告

カテゴリー

広告