あめつくのブログ

テンプレートの使い方

ここでは、「アメエディタのテンプレートの使い方」を説明します。

アメエディタのテンプレートを使うと、タップするだけで定型文を入力することができます。

なお、テンプレートの一部を変更したい場合は、変更したい場所に「### ###」という目印をつけておくと簡単に編集できるようになります。

この説明だけでは分かりづらいと思いますので、テンプレートの登録方法と使い方を説明しながら補足していきたいと思います。

広告

テンプレートの登録方法

まず、[テンプレート]ボタンをタップします。

続けて、左下の[+]ボタンをタップします。

すると、テンプレートの新規作成画面が表示されますので、「タイトル/内容」を入力して[保存]をタップします。

保存すると登録したテンプレートが一覧に表示されます。ここには、テンプレートの新規作成時にタイトル欄に入力した内容が表示されます。

これで登録は完了です。

テンプレートの使い方

それでは、登録したテンプレートの利用方法を説明します。

まず、テンプレートを埋め込みたい位置にカーソルを移動して、[テンプレート]ボタンをタップします。

登録したテンプレートの一覧が表示されますので利用したいテンプレートをタップします。

すると、テンプレートが埋め込まれます。埋め込まれる内容は、テンプレートの新規作成時に内容欄に入力したものです。

定型文として埋め込む場合はこのように利用します。

一方、テンプレートの一部を変更して利用したい場合は、テンプレートの作成時に目印を付けておきます。

目印をつける方法は簡単で、目印をつけたい位置までカーソルを移動して、[###]ボタンをタップするだけです。目印はいくつでも追加できます。

目印を追加すると、このように表示されます。

このままでも十分ですが、「###」と「###」の間に、ココに書き込む内容をメモしておくと分かりやすいと思います。(「###」と「###」の間に書き込む内容は、自分が分かればなんでも構いません。)

このテンプレートを使うと、このように表示されます。テンプレートを追加したら[###]ボタンをタップします。

すると、目印(### ~ ###)が選択状態になります。あとは、目印に付けておいたメモを参考に書き換えます。

実際に書き換えると、このようになります。

書き換えたら、同様に[###]ボタンをタップして必要なだけ書き換えます。目印(### ~ ###)が無い場合は[###]ボタンをタップしても何もおきません。

なお、テンプレートを使うと、見出し付きの囲み枠も簡単に作ることができます。

以上、「アメエディタのテンプレートの使い方」の紹介でした!

広告
広告

カテゴリー

広告