あめつくのブログ

アメエディタでリンクする方法(iPad編) – その2


広告

今回は、「アメエディタでリンクする方法(iPad編) – その2」を説明します。

AmeEditorでリンクする方法は以下の2つです。

  • リンク先のURLなどを手動で入力する方法
  • リンク先のURLなどを自動で入力する方法

ここでは、自動で入力する方法を紹介します。

事前準備

アメエディタで自動入力するためには、ブックマークレットを利用します。

そもそも、「ブックマークレット」って何?と思う方もいると思いますので簡単に説明しておきます。

ブックマークレットは、ブラウザのブックマークに登録して利用するプログラムのことです。

ちなみに、普段ブックマークに登録しているのはURLです。そして、登録したブックマークをタップしたりクリックしたりすると、登録したURLが表示されます。

ブックマークレットの場合は、URLではなくプログラムを登録します。登録したブックマークをタップしたりクリックしたりすると、登録したプログラムが動きます。

つまり、ブックマークに「URL」を登録するか「プログラム」を登録するかの違いです。ブックマークレットと呼ぶときはプログラムを登録するんだな。と思っていただければいいと思います。

はい。ということで、自動入力するためには、僕が作成したブックマークレット(プログラム)をブックマークに登録しておく必要があります。

なお、登録方法は下の記事で紹介していますので参考にしてください。今回は、必要なブックマークレットを登録済みとして説明していきます。

アメエディタで簡単にリンクするためのブックマークレットの登録方法

アメエディタでリンクする(自動入力)

まず、Safariを起動してリンク先のページを表示します。リンク先のページを表示したら、ブックマークボタンをタップします。

すると、登録済みのブックマークの一覧が表示されますので、登録したブックマークレット(プログラム)をタップします。

すると、アメエディタが起動して「リンクボタンを~作成してください。」と表示されますので、OKをタップします。

それでは、リンクしたい位置にカーソルを移動して、[リンク]ボタンをタップします。

すると、「URL」と「表示文字」が入力済みの状態で表示されます。

表示文字の欄に入力した内容がブログに表示されますので、必要に応じて書きかえてください。なお、今回は自分のブログにリンクしますので、[同じウィンドウ]を選択してからOKをタップします。自分のブログ以外にリンクする場合は、[新規ウィンドウ]を選択します。

すると、このようにリンク用のタグが追加されます。

それでは、プレビューで確認してみます。

プレビューで確認するとこのように表示されます。正しくリンクできていれば、このリンクをタップすると、

このようにリンク先のページが表示されます。元のプレビュー画面に戻るには、画面をタッチして右にスライドします。

すると、このように元のプレビュー画面に戻ります。

以上、「アメエディタでリンクする方法(iPad編) – その2」でした。

広告

カテゴリー