あめつくのブログ

「iPad × Safari(最新版エディタ)」で記事を投稿!

広告

通常、「iPad × Safari(最新版エディタ)」でアメブロの記事を書くと下のような問題が発生します。

スクロールが必要なくらい文字を入力すると、文字入力位置(キャレット)が見えなくなる。

ところが、アメエディタの拡張機能を利用すると、下の画像のように文字入力位置が表示されるようになります。今回は、このアメエディタの拡張機能を利用して、「iPad × Safari(最新版エディタ)」で記事を投稿する方法を説明します。

なお、以下の説明では「新規投稿」と「編集」に分けて使い方を説明していますが、どちらの場合も使い方は同じです。

「iPad × Safari(最新版エディタ)」で新規投稿

まず、Safariを起動します。

続けて、画面左側のメニューの[ブログ管理]をタップします。

ブログ管理のページが表示されますので、[ブログを書く]をタップします。

これで、ブログを書くページが表示されます。

このまま記事を書くと、スクロールが必要なくらい文字を入力した時に、文字入力位置が表示されなくなってしまいます。そこで、アメエディタの拡張機能を利用して文字の入力位置が表示されるようにします。

利用方法は簡単で、右上のボタンをタップして、下段の[最新版エディタ]をタップするだけです。見た目では大きな変化はありませんが、これで入力位置が表示されるようになります。[最新版エディタ]が表示されない場合は、Safariにアメエディタのアイコンが表示されないの記事を参考にして、最新版エディタを表示してください。
(アメエディタには「最新版エディタ」のほかに、「旧エディタ」や「AmeEditor for Ameblo」という拡張機能もあります。)

なお、今回の説明では「ブログを書くページ」を表示した直後に拡張機能を利用していますが、利用するタイミングはいつでも構いません。文字入力位置が表示されなくなったタイミングで利用してください。「通常表示」と「HTML表示」の切り替えを行うと入力位置が表示されなくなります。その場合は切り替えるたびに拡張機能を利用してください。
(「最新版エディタ」の拡張機能は何回タップしても問題ありません。)

あとは、いつも通り「タイトル」と「本文」を入力するだけです。

タイトルと本文の入力が完了したら、記事を投稿します。

「記事の投稿を完了しました。」と表示されればOKです。必要であれば、「公開された記事を確認する」をタップして、公開した記事をチェックしてください。

上の画像で、「公開された記事を確認する」をタップすると、このように公開した記事が表示されます。

「iPad × Safari(最新版エディタ)」で編集

それでは、「iPad × Safari(最新版エディタ)」で記事を編集する方法を説明します。

まず、Safariを起動します。

続けて、画面左側のメニューの[ブログ管理]をタップします。

ブログ管理のページが表示されますので、[記事の編集・削除]をタップします。

記事一覧(公開した記事/保存した記事)が表示されますので、編集したい記事の[編集]ボタンをタップします。

これで、選択した記事が編集できるようになります。ただ、このまま編集すると、スクロールした時に文字入力位置が見えなくなってしまいますので、アメエディタの拡張機能を利用して文字入力位置が見えるようにします。

拡張機能の使い方は新規投稿時と同じで、右上のボタンをタップして、下段の[最新版エディタ]をタップするだけです。[最新版エディタ]が表示されない場合は、Safariにアメエディタのアイコンが表示されないの記事を参考にして、最新版エディタを表示してください。
(「最新版エディタ」の拡張機能は何回タップしても問題ありません。)

これで、文字入力位置が見えるようになります。

あとは、記事を編集して投稿するだけです。

iPad × Safariで記事を投稿する時のポイント!

iPad × Safariで記事を投稿する時は、外付けのキーボードを利用している場合でも、下の画像のようにソフトウエアキーボードを表示することをお勧めします。

なぜかと言うと、外部キーボードで文字を入力すると変換候補が画面内に表示されないことがあるからです。
(iPad × Safariでアメブロの記事を投稿するには色々な障害が待ち受けてます。)

ソフトウエアキーボードを表示していれば、変換候補が必ずキーボードの上に表示されるようになりますので、外部キーボード利用時でもソフトウエアキーボードは表示しましょう。

以上、「iPad × Safari(最新版エディタ)」で記事を投稿する方法でした!

広告

カテゴリー