あめつくのブログ

選択した範囲を見たまんま編集(ピンポイント編集)

広告

ここでは、選択した範囲を見たまんま編集する方法を説明します。

なお、ここで説明する内容はバージョン1.15以降で利用可能な機能です。1.14以下のアメエディタでは利用できませんのでご注意ください。

広告

手順

やり方は簡単です。見たまんま編集したい範囲を選択し、[ピンポイント編集]をタップします。

選択した範囲がプレビュー状態になりますので、タップして編集します。
(この編集画面では、「カスタムタグ」や「テンプレート」などは利用できません。簡単な文字編集を行うための機能です。)

編集が完了したら、右上の[完了]をタップして元の画面に戻ります。

元の画面に戻ると、選択していた範囲が上書きされます。

この見たまんま編集では囲み枠の中での改行が可能です。枠内で改行しても見た目が崩れることはありません。下の画像では、2回改行していますが表示は崩れていません。
(枠だけでなく、表も簡単に編集できるようになります。)

なお、このピンポイント編集では最小限の範囲(画像や囲み枠)を選択して利用することをお勧めします。なぜかというと、選択したタグによっては自動変換がかかり、変換された内容がアメブロでは禁止タグとみなされてしまうことがあるからです。

具体的に言うと、YouTubeの埋め込みコードを選択した状態でピンポイント編集を行うと、自動変換によって変換された内容がアメブロでは禁止タグとみなされます。

以上、見たまんま編集(ピンポイント編集)のご紹介でした。

広告

カテゴリー