あめつくのブログ

カスタムキーボードの使い方(iPad)


広告

アメエディタのカスタムキーボードを利用すると、カスタムタグ/テンプレート/新規作成用テンプレートのデータを他のアプリでも利用出来るようになります。

Safariでアメブロにログインして投稿する場合や、Amebaアプリでログインして投稿する場合に便利な機能です。

なお、カスタムタグ/テンプレート/新規作成用のテンプレートの登録方法はこちらを参考にしてください。

それでは、カスタムキーボードの使い方を見ていきます。
(この機能は、アメエディタのバージョン1.18から利用できる機能です)

広告

準備

まず、設定アプリでアメエディタのカスタムキーボードを利用出来るようにします。

設定アプリを起動し、[一般]→[キーボード]とタップします。

続けて、[キーボード]をタップします。

[新しいキーボードを追加…]をタップし、アメエディタのカスタムキーボードを選択します。

これで、アメエディタのキーボードが利用出来るようになります。

ちなみに、アメエディタのカスタムキーボードでペーストボード(クリップボード)の内容を利用したい場合には、「フルアクセスを許可」を有効にする必要があります。コピペなどの機能を利用しない場合はOFFのままで構いません。
(フルアクセスはペーストボードを利用するためだけに使用します。その他の目的で使用することはありません。心配な方はOFFのままご利用ください。)

では、アメエディタのキーボードを表示してみます。

適当に文字が入力できるアプリを起動して、キーボードを切り替えます。
(地球儀マークを長押しして「AmeEditor for Ameblo」を選択します)

すると、このようにアメエディタのキーボードが表示されるはずです。保存してある項目が表示されない場合は、一度、ホーム画面に戻り、再度アメエディタを起動してみてください。

各ボタンの機能を確認

メインになるのは、赤枠の部分です。

New
アメエディタの「新規作成用のテンプレート」に保存した内容が表示されます。
Tag
アメエディタの「カスタムタグ」に保存した内容が表示されます。
Template
アメエディタの「テンプレート」に保存した内容が表示されます。

左側の二つは、「キーボード切り替え」と「貼り付け」。右側の二つは、「削除」と「改行」です。

使い方

使い方は簡単で、利用したいデータを表示してタップするだけです。

これで、選択したデータが入力できます。これが基本的な使い方です。

クリップボードを利用すると、もっと便利な使い方ができます。

例えば、テンプレートのデータを表示して利用したい項目を長押しします。

すると、「コピーしました」と表示されます。これで、テンプレートの内容がHTMLとしてクリップボードにコピーされます。HTMLとしてコピーされますので、HTMLが貼り付けられるAmebaアプリなどに貼り付けると、

このようにHTMLとして貼り付けられます。

同じように、新規作成用のテンプレートを長押しコピーして貼り付けると、このように簡単に定型文を挿入できます。

カスタムタグを利用する場合は、タグで囲みたい範囲を選択してコピーします。

そして、利用したいタグを長押しします。これで上でコピーした内容がタグで囲まれHTMLとしてクリップボードにコピーされます。

AmebaアプリのようなHTMLを貼り付けられるエディタに貼り付けると、このようにHTMLとして貼り付けることができます。

少しクセがあるので、最初は分かりづらいかもしれませんが、一度理解してしまえば、Amebaアプリから簡単に投稿できるようになります。

ちなみに、クリップボードを利用するには、キーボードの設定でフルアクセスを許可する必要がありますのでご注意ください。

Amebaアプリで囲み枠を利用する場合は、こちらの囲み枠がオススメです!囲み枠の中で改行しても崩れません。
Amebaアプリ向け囲み枠(四角)
Amebaアプリ向け囲み枠(角丸)

以上、カスタムキーボードの使い方でした。

広告

カテゴリー